あなたと

お題「行きたい場所」

 

海沿いを歩く

波の音が優しく響く

影のない陽射しが容赦なく降り注ぐ

私は歩く ひとり

 

ひとりを寂しいと思ったことはなかった

自然も街もみな 拒むことはない

それなのになぜだろう

あなたと出会ってから

私は弱くなってしまったようだ

 

 

人の影に 街の隙間に

あなたの温もりを探してしまう

 

美味しい食べ物も 美しい景色も

あなたと、って考えてしまうの

 

手持ち無沙汰になって

ポケットに手を突っ込んでみたりする

 

 

 

海沿いを歩く

波の音が優しく響く

水平線のはるか先を見つめる

頰を伝う涙