KEYTALKのLIVE

 

YAMAHA Acoustic mind 2018~THE SESSION~

に行ってきた。そのレポートを書こうと思う。KEYTALKのみになってしまうが、ご理解頂きたい。

 

LIVEのスタートは巨匠がアコギを持ってセッション。彼の声や歌い方はアコギとの相性がかなり良いと思う。腹の底から出る力強い響き、優しさを含む歌い方。お互いに目を見合わせながら楽しそうにセッションする姿に目を奪われた。

その後、ISEKIさん、Silent SirenのLIVEを終え、KEYTALKが再登場。Silent SirenKEYTALKによるMONSTER DANCEのセッションだ。いつもはLIVEを締めるこの曲が、今日は最初から会場に熱気をもたらした。義勝さんはハンドマイクで、八木氏はタンバリン、巨匠と武正さんはギターで、Silent Sirenと美しく力強い調和を見せた。いつもはみんなの後ろで支えてくれる八木氏。自由に動けることが相当楽しいようだ。動き回ってはタンバリン片手に観客を煽っていた。嬉しさのあまり、はしゃぎすぎてマイクを倒してしまったことはご愛嬌。巨匠のマイクにホイッスルをつけ、センターで堂々と吹き鳴らす。少し下に付けてしまったせいか、巨匠を見上げるような姿勢で吹き上げる。それに気づいた巨匠も八木氏から目を逸らさない。仲睦まじい2人が、ほかの存在を忘れ、2人の世界に入ってしまったようだった。巨匠もハンドマイクで歌ってみたいらしく、Silent Sirenに次はギターを弾きにきて、とお願いしていた。次回が楽しみだ。

 

みんなでわちゃわちゃと楽しい雰囲気が一変。KEYTALKらしいロックなナンバー、太陽系リフレインで一気に空気が引き締まる。アレンジも加わっており、何度もこの曲を聴いてきたファンでさえ、その世界観に魅力された。間を開けずたたみ掛けるパラレル。義勝さんの甘く柔らかい声が激しく歌い上げる。

巨匠と武正さんがアコギに持ち替え、義勝さんもエフェクターをいじり、アコースティックな雰囲気を醸し出す。元々YAMAHAを使っていた八木氏はいつもと変わらない楽器であるようだが、ほかのメンバーは本日いつもの楽器とは違い、YAMAHAのものを使っているようだ。そのYAMAHAの楽器を披露するように始まる、黄昏シンフォニー(Acoustic ver.)。巨匠の声が伸び伸びと広がり、アコースティックの音に包まれ、いつもとは違う優しさに包み込まれた。彼らの強い想い、信念が伝わるような、完成された演奏だった。

幕張での武正さんのコールアンドレスポンスの話題から武正さんの弾き語りが始まりそうになったが、義勝さんがすかさず「金返せー!」と突っ込む。どんな会場、状況、観客でも笑いを忘れないKEYTALK。ありのままの彼らがそこにはいた。武正さんが高2の時に作ったblue moon lightのワンフレーズを歌った。とても下手くそではないがそこまで上手くはない、なんとコメントしていいか分からない歌声(自己評価)を披露したが、巨匠はうまかったよ、とすかさずフォローをいれる。個人的な話だがこの曲はKEYTALKの中で一番好きな曲であるため、久々に聴けて心の底からテンションが上がった。そこからはおもむろに取り出した赤いサングラスを巨匠が装着。これが合図となり、観客が湧き上がる。両手を高くあげ、準備が整った頃、始まるSummer Venus。先程のアコースティックなムードから一変し、全員がパリピになり踊りまわる。黄昏シンフォニーではしっとりと演奏していた義勝さんもくるくると回り、楽しそうだ。最後は桜花爛漫。KEYTALKのファン以外もいたが、この曲のノリやすさ、リズムに会場は大いに盛り上がった。

最後のMCで巨匠は言っていた。あまりやったことのないセッションでとても楽しかったと。ぜひまたアコースティック、セッションでLIVEをしてもらいたいと思う。

写真撮影を終え、退場する際、観客に向かってぺこりとお辞儀をした八木氏。そのままはける際、義勝さんのピックを勝手に投げて義勝さんに怒られる。あんなにかっこいいLIVEをするかと思えば、そんなおちゃめな面もあるKEYTALKだから、目が離せない。